• 日常のなかに、一流の美を。
    あなたの存在価値を高めるスキンケア。

    素肌からポジティブになっていく。
    肌だけでなく、時間の過ごし方やまとう空気までも変わっていく。

    プライベートな空間にいながら、肌の美しさはもちろん、
    自分自身のパーソナリティや価値観をも磨き、高めていくことができる。
    それも、すぐに変化を感じることができる。
    それがamis skinの考え方です。

  • amis skin synbol mark

    amis skinは、世界の美容事情に精通する実業家/モデルであり、そのファッションやライフスタイルにおける一流のセンスが常に注目を集める、ビューティスペシャリスト松山記子によるコスメティックブランド。

    松山記子は特に「肌」に対するなみなみならぬこだわりを持ち、完全なる肌を求めて世界中のスパやクリニックを渡り歩いてきました。美容における知見だけでなく、ファッションやライフスタイルにおいても一流を熟知し、あらゆるジャンルにアンテナを張ってきた彼女の経験が、amis skinには惜しみなく注ぎ込まれています。

    世界中を飛び回るアクティブな実業家/モデルである彼女は、とにかく多忙。同じように忙しく、なかなか美容に時間が割けない現代人に向けて、自宅にいながらラグジュアリースパでの効果を味わえる「ホームエステ」発想のスキンケアを、研究機関と時間をかけて独自に開発しました。

    もう、忙しいことを言い訳にしなくてもいい。忙しい人ほど綺麗になってほしい。amis skinには、彼女のそんな思いが込められています。

    成分、テクスチャー、デザイン、
    あらゆる角度から細部まで一流であることにこだわったアイテムたちは、手にするたび驚きを提供してくれるでしょう。

  • amis skin synbol mark

    [HYPER BEAUTIFUL SKIN]

    使ってすぐに変化がわかり、その嬉しい変化が続いていく「即効性と持続性」の両立を追求。実現するのは、生っぽいツヤを内側にたたえた「内光肌」。いきいきとした肌が持つ、粘膜のようなツヤとふっくらとしたハリを、すぐに、ずっと。

    [SURPRISE]

    amis skinは、感覚を喜ばせるギミックにあふれています。コンテンポラリーなデザインのパッケージはまるでアートオブジェのよう。他にないユニークなテクスチャーは使うたびに感動を与えてくれ、やわらかく包み込まれるような香りは素肌と一体化しパーソナリティの一部となります。何より、ラグジュアリーな成分を惜しみなく配合したスペック。使った瞬間から肌にドラマを提供してくれます。

    [HOME ESTHETIC]

    amis skinが掲げるのは「ホームエステ」という概念。どんなに一流のエステサロンで施術をしたとしても、その美しさが続くかどうかはアフターケアが行き届いているかにかかっています。つまり、毎日のケアが仕上がりのクオリティを担保するのです。また、忙しくてかつて行けていたエステサロンに通う時間がなかなか持てない方にとっては、自分に手をかけることの大切さをもう一度実感できるきっかけとなるでしょう。日々の積み重ねが美を作る、amis skinはそう考えています。

    [’amis’ means…]

    「amis skin」とは、「advanced micro ingredient skincare」の頭文字をとったものです。また「amis」はフランス語で、友人、仲間を意味します。松山記子が、社交界やプライベートにおいて大切に思っている仲間たち──そこに国籍や性別、年齢の縛りはありません──に向けて作った、という意味も込められています。年齢、性別、肌質を問わず、敏感肌であってもお使いいただけるよう配慮しています。

  • One day or
    Day one You decide

    クリエイティブディレクター
    松山 記子 KIKO MATSUYAMA
    日本生まれ、ハワイとLA育ち。
    南カルフォルニア大学で情報メディア学を専攻後、日本に帰国。2007年ミス•ユニバース•ジャパンファイナリストとして注目を集める。一方、日本の社交界にて独自のファッションセンスやライフスタイルが話題になり、女性誌などで専属(ミューズ)モデルとして活躍をする傍ら、某ブランドのアンバサダーを務めたり、パリコレやミラコレの参加を果たす。インフルエンサー兼ソーシャライト/モデルとして活躍。2021年、一流の経験を生かし、「完全なる肌」を求めビューティースペシャリストとしてamis skin をローンチ。